穆凉

唱见厨

捏小人是真滴快乐| ᐕ)୨

[日文/罗马音]夢のまた夢-まふまふ

甘いものほど溶ける
amai mono hodo tokeru

それが恋だっけ?
sorega koi dakke

口寂しいや
kuchi sabishii ya

绵菓子をひとつ买っていこう
watagashiwo hitotsu katte ikou

若苗の袖空に投げた恋文
wakanae no sode sorani nageta koibumi

あの下駄箱は
ano getabako wa

笑い方のくずかご
waraikata no kuzukago

空五倍子色
utsubushiiro

长髪が揺れる薄明手招いて
nagakamiga yureru hakumei temaneite

口数も减る境内
kuchikazumo heru keidai

失くしたものばかり数えている
nakushita mono bakari kazoete iru

世迷い妄想に
yomai mousou ni

梦のまた梦か见果てぬ梦
yumeno mata yumeka mihatenu yume

みなしごとパパに疎まれた子
minashi goto papani utomareta ko

闇夜ほど星が绮丽なこと
yamiyo hodo hoshiga kirei na koto

ねえ知ってる?
nee shitteru

逆梦のままに
sakayume no mamani

踊れ踊れ
odore odore

ボクらがボクらでいられるまで
bokuraga bokurade irareru made

形振り构わず手を叩け
narifuri kamawazu tewo tatake

いつの日かこの梦が
itsuno hika kono yumega

覚めるまでは
sameru madewa


金鱼すくいで救えるような命は
kin'gyo sukuide sukueru youna inochiwa

谁かすくってくれだなんて
dareka sukutte kureta nante

思っていた
omotte ita

そうだ
souda

谁かの好きな谁かになって
darekano sukina darekani natte

言われるままに大人になって
iwareru mamani otonani natte

それでもわからないまま
soredemo wakara nai mama

どうして
doushite

涙が止まらないんだろう
namidaga tomara nain darou

わすれたもの林檎饴
wasureta mono ringoame

水に降り立つ月の影
mizuni oritatsu tsukino kage

镜越しに散る花火
kagamikoshi ni chiru hanabi

触れぬものばかり探している
sawarenu mono bakari sagashite iru

世迷い妄想に
yomai mousou ni

もういいよもういいよ
mou iiyo mou iiyo

浮かんでは照らしては
ukandewa terashitewa

吸い込まれる
suikomareru

惣闇色の夏空
tsutsuyami no natsusora

梦のまた梦か见果てぬ梦
yumeno mata yumeka mihatenu yume

こんなゴミのような世界でも
konna gomino youna sekaidemo

ボクは好きで好きで好きで
bokuwa sukide sukide sukide

好きで好きでたまらない
sukide sukide tamara nai

踊れ踊れさあ踊れ踊れ
odore odore saa odore odore

何もかもすべて忘れさせて
nanimo kamo subete wasure sasete

形振り构わず手を叩け
narifuri kamawazu tewo tatake

いつの日かこの梦が
itsuno hika kono yumega

覚めるまでは
sameru madewa

梦の向こうで梦を探している
yumeno mukoude yumewo sagashite iru